残業した実績を裏付ける「証拠集め」が重要。メールや日報なども立派な証拠になります。
動かぬ有利な証拠になるのが出退時刻の記録

いくら「毎日のようにサービス残業をしてきた」「未払いの残業代がたくさんあるはず」といっても、証拠がなければ未払い残業代の請求はむずかしくなります。未払い残業代の請求の第一歩としては、残業をしたことの証拠を集めることです。

2年分のタイムカードデータのコピーがあれば万全

最も確実な証拠になるのは、タイムカードのコピーです。けれども、2年間分のタイムカードをコピーするとなると、実際には大変な作業です。
それが不可能なら、勇気のいることかも知れませんが、タイムカードを管理している担当者に問い合わせてみましょう。会社にはタイムカードなどの労働時間に関する記録を保存する義務(3年間)があるので、あなたのタイムカードも保管されているはずです。

いざとなれば、メール、FAX、メモも証拠に

他にも、証拠として役に立つのが、取引先や社内の各部署に送った見積書などの書類、業務日報などのメール・FAXの送信時刻です。勤務シフト表や乗車時刻が記録された公共交通機関の定期券なども、いざとなれば証拠代わりになります。
すでに退職していて当時の勤務時間がわからないという方は、勤務していた会社に対して出勤記録の開示を求めるとよいでしょう。
証拠となる資料が揃ったら、それらの資料を携えて私たちにご相談ください。

※表示された金額は、あくまでも簡易的な計算による金額です。必ずしも表示された金額を受取ることができるとは限りません。

1か月の基礎賃金
1日の労働時間 時間
1か月の所定出勤日数
残業時間の総計 時間
未払い残業代
弁護士に依頼した場合の手元回収見込額 円

※表示された金額は、あくまでも簡易的な計算による金額ですが、弁護士に相談いただく事で、より詳しく調べる事ができます。

ご相談はこちらから  0120-7867-30
ご相談予約画面へ
初回30分無料! 心当たりのある方は…「未払い残業代請求ナビのホームページを見て」とお電話ください。
ご相談予約はこちらから 0120-7867-30 (受付時間/月曜日〜土曜日 9:30〜18:00) つながりにくい場合には、06-6348-3055まで。
インターネットからのご相談予約はこちらから ご相談予約画面へ
弁護士法人みおの処理方針
  1. 方針1 「相談料は初回30分無料」です。ご来所いただき、直接ご相談させていただきます。電話のみでのご相談はお受けしておりません。
  2. 方針2 未払い残業代の請求手続きに必要な費用は、着手金1万円・成功報酬制(※)です。
※受け取った残業代の24%を報酬として頂戴します。※労働審判・裁判(未払賃金割増手当請求申立事件)の場合:固定費用10万円(税別)、成功報酬 回収額の24%(税別)、これらの手続きにかかる費用実費が必要です。
弁護士法人 みお綜合法律事務所
大阪事務所

大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

京都駅前事務所

京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735番1号
京阪京都ビル4階

神戸支店

兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号
井門三宮ビル10階